ストロングマヌカハニーの基礎知識

ストロングマヌカハニーの効果的な食べ方・使い方|注意点も

この記事では、ストロングマヌカハニー食べ方について紹介します。

TCNのストロングマヌカハニーは他の商品と違い、「クセがなく、美味しくてついついたくさん食べてしまう」と評判です。

でも、どうせ食べるなら効果的に食べた方がいいですよね。



できれば一日に数回に分けて食べるのがいい

ストロングマヌカハニーを販売してる会社TCNの公式サイトによると、

本当に美味しいので、一度にたくさん食べたくなってしまう弊社のストロングマヌカハニーですが、できれば一日数回に分けてお召し上がり頂くことをオススメいたします。もちろん問題はございませんが、どうせならば健康サポートにも有用な健康食品として、貴重なストロングマヌカハニーをお役立て頂きたいという思いからでございます。

と記載されてます。

ストロングマヌカハニー は、普通の加熱はちみつや加工はちみつと違って、純粋なので活性強度が高く成分も大きな差があります。

さらに、健康的な体をつくる上で必要なミネラルやビタミンをバランスよく豊富に含んでるので、健康のサポートや美容・ダイエットなど幅広く活用することができます。

 

食べ方・使い方

 

基本的には普通のはちみつと同じ感じで食べていいです。

普通のはちみつよりも栄養価も健康作用が高いのマヌカハニー。

そのマヌカハニーの最高品質がストロングマヌカハニー です。

 

一番効果的な食べ方は、空腹時に1回5ml〜15ml、これを1日3〜4回直接食べることです。

マヌカハニー特有のMGO(メチルグリオキサール)という成分が、胃の中や腸の中に届いて、ピロリ菌の除菌や腸の中では善玉菌の餌になって腸内環境を整えてくれます。

 

効果が半減するマヌカハニーの食べ方

マヌカハニーを食べるときは金属製のスプーンを使用しないでください。

金属製のスプーンを使用するとMGO(メチルグリオキサール)という活性力が弱まる可能性があります。

なので、マヌカハニーを食べるときは、木製のスプーンや木製のハニースティック、陶器や竹等のスプーン、プラスチックのスプーンを使うのがいいです。

 

また、汚れたスプーンや濡れたスプーンも良くないです。

特に濡れたスプーンを使うと、ハチミツ(特に生ハチミツ)の中に水が混ざりこんでしまうと、はちみつの酵母と混ざって発酵をし始める可能性があります。

 

もし、冬や寒い時期に結晶ができたら湯煎(45℃位がお勧め)をすれば結晶は溶けます。

60℃以上の高温になると、酵素などハチミツの有用成分がなくなることがありますが、マヌカハニー特有成分メチルグリオキサール(MGO)は200℃でも変性しないので安心してください。

 

また、生ハチミツ自体は長期保存も可能です。

特に純粋天然完熟生蜂蜜は賞味期限が無いと言ってもいいぐらいです。

 

注意点

1歳未満の乳幼児にははちみつを与えてはいけません。

はちみつにはボツリヌス菌という食中毒を引き起こす菌が入ってることがあり、まだ発達が未熟な赤ちゃんにはボツリヌス菌に対抗する力がありません。

厚生労働省からも1歳未満の乳幼児にはちみつを食べさせないようにと勧告してます。

 

まとめ

以上、ストロングマヌカハニーの食べ方・使い方について紹介しました。

TCNのストロングマヌカハニーは正直言って安くないので、無駄がなく、効果的に使いたいですよね。