未分類

ストロングマヌカハニーで癌が治る!?医学的根拠を紹介!

「ストロングマヌカハニーは癌の予防や治療になる」と聞いたことがあるかもしれません。

この記事では、ストロングマヌカハニーが癌に有効的であることを医学的根拠を元に紹介したいと思います。



マヌカハニーの安全性と抗がん作用について

アメリカの著名な医学博士の著書で有名なDr.Christensen,S.(2008)*では、このようなことが書かれてます。

メチルグリオキサールは細胞の染色体に毒性・癌化の他糖尿病の進行に作用するといった報告がある。

糖尿病患者は血中に通常より高い値のメチルグリオキサールがみられる。

これは、患者自身の体内で作られるメチルグリオキサールであり、食品中に含有されるメチルグリオキサールと同じ分子構造であるが、食品中に含有され、摂取されるメチルグリオキサールは細胞の効果的な恒常性維持メカニズムによってメチルグリオキサールの負の要素は打ち消されている。

例えば細胞のデフェンスメカニズムである酵素グリオキサラーゼ(glyoxlyase)によって速やかに分解される。

また、外部より食品などによって取り込まれるメチルグリオキサールは消化菅から吸収されないという研究報告もあります。

マヌカハニーは歴史的に長年食され続け、私自身半世紀食している。

摂取による健康への悪影響は現在まで報告されていない。

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは、癌に対して作用してる。健康に悪影響しないことが報告されてます。

マヌカハニーは癌だけでなく腸や風邪など色んなことに有効的なので、副作用があってもおかしくないですが、健康的に悪くならないので安心して食べることができますね。

 

メチルグリオキサールの抗がん作用の報告

メチルグリオキサールとは先ほども説明した通り、マヌカハニーに含まれる重要な成分です。

ハンガリー、ブタペストのセンメルワイス総合医科大学では、メチルグリオキサールの作用は謎とされてますが、細胞を増やす酵素群の活性を阻害し死滅させるはたらきがあります。

つまり、癌細胞に対して抗癌作用が期待できます。

 

実際にインド生化学研究所マンジュ・レイ教授は、末期ガンの患者適用し、19人中11人が救命でき5名が安定した状態で治療中、3名が残念ながら死亡したと報告されてます。

マヌカハニーを食べれば必ず癌が治るというわけではありませんが、抗がん作用を期待できます。

 

まとめ

マヌカハニーの癌に対する作用は、色んな研究で効果が期待できると発表されてます。

ですが、マヌカハニーを食べたからといって必ず治るわけではありません。そこはしっかり確認しておいてくださいね。

 

より効果を実感したい人は、やはり抗菌作用が強いものを選ぶのが一番で、このサイトで紹介してるストロングマヌカハニーは最高レベルの抗菌作用を持ってます。

口コミでも高い評価を得てるので、興味がある方はぜひ試してみてください。