未分類

子供でも分かるストロングマヌカハニーにある「MGO」とは

ストロングマヌカハニーだけでなく、色んなマヌカハニーには「MGO」と表記されてます。



この「MGO」とは抗菌力を表してます。

つまり、高ければ高いほど体にいいということです。

 

MGOの意味とは

MGOは、1kgあたり何gのメチルグリオキサールが入ってるかということです。

MGO100+のマヌカハニーには100mg/1kgのメチルグリオキサールを含んでいることになります。

 

メチルグリオキサールとは、マヌカハニー特有の成分で特にピロリ菌の除去に効果が高い抗菌成分です。

<<ストロングマヌカハニーでピロリ菌を除去するには|食べ方や摂取量

 

MGOの検査方法はUMFとは違ってより正確で誤差が少ないです。

また、MGOはニュージーランドのManuka Health社が独自に採用している数値です。

日本だと株式会社TCNのみなので、マヌカハニーを選ぶならTCNの商品が一番信頼できます。

 

MGOの数値の基準

MGOの数値は100+〜1100+まであります。

健康目的でマヌカハニーを使う場合は、最低250+以上のものを使うのがいいです。

 

ストロングマヌカハニーは最高品質

このサイトのどの記事でも言ってるんですが、TCNのストロングマヌカハニーは最高品質なんです。

MGOの数値でいうと1100+のマヌカハニーがあり、これが最高レベルです。

他にも550+や860+などがあり、自分に合ったマヌカハニーを選ぶことができます。

 

どうせマヌカハニーを食べるなら、そこらへんに売られてる胡散臭いマヌカハニーより、ちゃんと本場で作られ商標登録もしてるTCNのマヌカハニーの方がいいと思います。

品質がしっかりしてる分料金も高いですが…

本気で健康的になりたいという人にはオススメです。